2017.12.06(最終更新日: 2017.12.08) 限定公開

Vookでインターンに興味がある方におすすめ 「過去のインターン生の声 まとめ」

INDEX

こんにちは。
代表の岡本です。

Vookでは学生インターンを募集しています!
インターンといっても1dayインターンやサマーインターンなど色々とありますよね。
貴重な学生生活を使うのですごく悩むところだと思います。

この記事では、過去にインターンしていた学生の声を載せたいと思います。
インターン先を選ぶ上でどんな人がインターンしていて、どんな感じだったのかというのはしっかりと見ておきたいですよね。
vookにインターンを検討している方はぜひご覧になっていただけると嬉しいです!!

詳細はこちらから>>http://vook.vc/page/recruit/intern
(現在、春休みのインターンを募集しています!ぜひそちらの詳細もご覧になってください!
また以下2-4年生ですが1年生も募集していますのでぜひご連絡ください!)

1、飯田雄平(立命館大学映像学部 / コンテンツ制作チーム)

プロフィール

長野県出身。立命館大学在籍、1年間休学し、Vookへインターン。(現在もインターン中)
インターン時期はアフリカへクリエイターを取材に行くなど精力的に活動。
自身で書いた記事が雑誌ビデオサロンで掲載されたり、SONYで講演会を開くなど、1年間で大きな成長を遂げる。

Q,インターンで何をしていましたか?

コンテンツ制作をしました。
主に、Vook note記事制作と映像コンテンツ制作。(映像クリエイターを紹介する番組の制作や、編集ソフトのチュートリアル映像)
雑誌ビデオSALON記事制作もして自分の記事が掲載されました。

Q,インターンをして面白かったところは?

たくさんの映像クリエイター、機材メーカーの方、メディア(ビデオサロンやPRONEWS)と出会えて、仕事の様子が観れるところ。(働き方や作風は人それぞれ!)人脈も広がりました。ベンチャー企業の中身や、ウェブのプラットフォームについて学べたところも面白く映像だけでなく、最新の情報に敏感になれる環境です。
自分の学びたいことから、企画立案から実行まで行うことができるところであり、自分はフリーランスの映像製作者を目指しているのそれの第一歩になったと思います。

Q,どんな人にお勧めしたいですか?

様々なクリエイターと触れられるので、映像制作の「師匠」を見つけたい人はお勧めです。また既存の働き方にとらわれず、自分のやりたいことや働き方を見つけたい人、新しいもの好きな人などもおすすめです!

2、吉井英里奈(慶應義塾大学法学部3年生 / オンラインマーケティングチーム)

プロフィール

慶應大学法学部3年生、夏休みの期間にVookへインターン
インターン時期は、数万人が使うVookのウェブサービスのデータ分析やソーシャルメディアでのマーケティング戦略の立案&実行を行う。
普段は、サークル、ゼミ、アルバイト、インターン・就職活動、モデル活動など精力的に活動する。

Q,インターンで何をしていましたか?

主にSNSを通して、ユーザー数と閲覧数の上昇のための統計を行いました。
Google Analitics(ウェブサイトの統計ツール)などを使って、詳細に見ていき、どのような記事やページが見られているか、などを分析。
Twitterやfacebookの運用なども行なっていました。

Q,インターンをして面白かったところは?

まだデータがないことに関してのリサーチを任されたため、自由に調べることができたところです。
統計したデータから仮説を立て、それを分析する力が身につきました。

Q,どんな人にお勧めしたいですか?

統計することが好きな人・新たな糸口を見つけられる広い視野を持った人などにおすすめです!

3、石黒玲奈(群馬県立女子大学4年生 / オンラインマーケティングチーム)

プロフィール

群馬県立女子大学文学部英米文化学科
大学のサークルではフリーペーパー制作、ゼミではアメリカの映画や広告の研究を行っています。
その他にmyJapanという団体でCMコンテストの運営。

Q,インターンで何をしていましたか?

VookのPV数やユーザー数などの様々な数字の観察を担当させてもらい、それをもとにサービス改善につながるような施策を行っていました。
ユーザーの行動を分析して改善案を考えることももちろんですが、その結果や成果が数字として目に見えるところが特に面白かったですしやりがいにもつながりました。

Q,インターンをして面白かったところは?

論理的に物事を考えることや、あらゆる可能性を加味して分析をする点は特に成長できたかなと思います。
Vookには考えたことを自由にやらせてもらえる環境があるので、いまいち自分は何が得意か分からない、自発的に考えることに慣れないという人にもお勧めしたいです。(私もこのタイプの人間でした。)

4、矢口岳 (都留文科大学・文学部・英文学科2年 / コンテンツ制作チーム)

プロフィール

都留文科大学・文学部・英文学科2年生。Vookでは夏休みのインターンとして参加。
普段は第2言語習得を専攻しており、どうすれば効果的に私達が英語を習得して話すことができるようになるのかを研究しております。
放送サークルに所属しており、大学のプロモーション映像作成や自主制作映画の作成、イベントの配信、ライブスイッチングなどを普段からしております。

Q,インターンで何をしていましたか?

Vookでは主にコンテンツの執筆をさせていただきました。
自分が今まで行っていた編集、撮影などに関するナレッジについて共有をさせていただいたり、Vookで行われたイベント内容についてまとめさせていただきました。

Q,インターンをして面白かったところは?

Vookのオフィスはシェアオフィスでクリエイターの方もそこで仕事を実際にされています。
私も将来クリエイティブ業界を志望しているため、一緒の環境で経験ができたのはモチベーションが上がりました。
クリエイター方とナレッジを共有しながら経験をさせていただくのは普段の大学生活ではできないことで非常に刺激的でした。
Vookチームの雰囲気が良く、わからないことがあればいつでも質問などができる環境でインターンが非常にやりやすかったです。
コンテンツを執筆するために自分自身でも調べなければいけないことが多く、時には海外のフォーラムなどを参考にすることもありました。

これらの経験で自分自身の映像に関する知識や経験をより一層つけることができたと考えております。
またクリエイターはどんな存在なのかということを身をもって経験させていただくことで、自分がクリエイターになるためにはどういった生き方をすればいいのか明確な将来像を手に入れることができました。

Q,どんな人にお勧めしたいですか?

将来映像業界で働きたい人、クリエイターの方と一緒にインターンをしてみたい人におすすめしたいです。
大学のサークルとはまた違うプロの世界を体験することができ、おすすめです。

ということで

いかがでしたでしょうか。
映像の世界に進みたい学生から、ベンチャーやマーケティングなどに興味が入って来た学生など様々な方がいます。
現在Vookでは4つのチームを募集しています。

春休みのインターンに向けて募集をかけているのですが、もし我こそはもうすぐにやりたい!って方がいましたら是非連絡ください!
info@vooook.com:岡本宛)

インターンの詳細と申し込みは以下から行えるようになっていますのでぜひごらんください!
http://vook.vc/page/recruit/intern

2017.12.06(更新日: 2017.12.08) 限定公開

記事のシェア

最新情報をお届けします

@VookJp Vook #動画制作ノート

記事のシェア

  • Facebookでシェアする
  • Tweetする