2017.06.05(最終更新日: 2017.07.05) イベント

関西Videographer’s Night、京都にて第二弾開催決定!

INDEX

Videographer’s Nightが京都に帰ってきます!

昨年、大盛況に幕を閉じたVideographer’s Night in 京都。
その第二弾が6/23(金)、再び京都リサーチパーク町家にて開催されます!

第1回にご参加の方はもちろん、初めての方もご参加いただけます!
さらに、映像業界のことを知りたい!という学生の皆さまも大歓迎です!

ぜひお誘い合わせのうえ、ご参加ください!

今回のテーマ

「コンテンツを作るためにするべきこと」

昨今、インターネット動画の普及により、個人少人数での制作が増えました。
広告に限らず、Viceなどのメディアが扱うドキュメンタリーのように、
コンテンツを作るシーンも増えています。

近い将来、ビデオグラファーもNetflixやAmazonなどの
コンテンツ市場に参入していくはずです。

今回は、世界最大のドキュメンタリープラットフォームViceなどで、
ドキュメンタリー制作を中心に活躍するクリエイターをお呼びし、
コンテンツをどのように作り出せばいいか、
仕事としてどう成立させるのかなどをお聞きします。

お申込み方法

▼こちらのフォームよりお申込みください。

京都ビデオグラファーズナイト参加お申込みフォーム

前回の京都ビデオグラファーズナイトの様子

前回のトークセッションその1。 
「ビデオグラファーになった経緯と仕事の領域」について話す、岸田浩和氏。
書き起こしはコチラ  (ビデオSALON.web より)

前回のトークセッションその2。
 「ビデオグラファーが登場の背景と今後の活躍の場」について話す、伊納達也氏。
書き起こしはコチラ (ビデオSALON.web より)

参加者のみなさん。真剣に聞き入っている様子。

前回は約30名以上の映像クリエイターが集まりました!

皆さまのお越しをお待ちしております!!

▼お申込みは下記フォームにて受け付けております!

京都ビデオグラファーズナイト参加お申込みフォーム

Videographer’s Nightとは?

Videographer's Nightとは、映像制作スタイルに着目した、一線級の映像クリエイターが集まるイベントです。

機材の進歩はめざましく、ドローンやVRなど新しい映像表現が日進月歩で進み、
様々な立場で、映像制作に関わる人が増えています。

そんな中、登場したのが『Videographer(ビデオグラファー)』という新たな制作スタイルで活動する映像クリエイターです。
ディレクション・撮影・編集など、通常専門家によって細かく分業される役割を、単独または少人数でマルチにこなし、それぞれが作家性を持って映像を制作するのが特徴です。

「新しいスタイルをどう採用して、どう仕事につなげるか。」

Videographer's Nightはそんな新たな可能性を見つけ、実践的なノウハウの共有や、
クリエイターとしてのキャリアについて共に考える場です。

2017.06.05(更新日: 2017.07.05) イベント

記事のシェア

最新情報をお届けします

@VookJp Vook #動画制作ノート

記事のシェア

  • Facebookでシェアする
  • Tweetする