【満員となりました】2/8 (金) 19:30~ 動画クリエイターのためのコミュニティイベント Videographer’s Night in Tokyo ーColor Grading Basicー

シェアする

  • Facebookでシェアする
  • Tweetする

※定員に達したため、本イベントのお申し込み受付は終了いたしました。

動画新時代を切り開く若手動画クリエイターのためのイベント

動画クリエイターのためのプラットフォームVookが開催するVideographer’s Night。
本イベントは、『動画新時代』を切り拓く21世紀型の映像ディレクターである「ビデオグラファー」が集まる場として、2015年から東京、京都、広島、福岡などで、様々なテーマを取り上げてきました。

オンライン動画市場は今後も大きく伸びる見込みで、動画クリエイターが活躍できる時代。
ところが、新しいジャンルのクリエイターが集まる場がなく、ナレッジの共有や繋がりが十分ではないのが現状です。
Videographer’s Nightは、新ジャンルの動画クリエイターのコミュニティ作りを目指します。

イベント詳細

2019年最初のVideographer’s Nightのテーマは、「カラーグレーディング・ベーシック」です。

より高いクオリティの動画制作を実現するために、カラーグレーディングが注目されています。
ただ、「カラーグレーディングはハードルが高く、やり方が分からない」という声も少なくありません。
そこで今回は、『ビデオグラファー のカラーグレーディング』をテーマに、基礎的な部分をおさえながら、プロが実際に使っているメソッドを解説していきます。
※詳細の内容は随時更新


後半は、『Videographer’s case』と題して、注目のビデオグラファーを紹介します!

・カラーグレーディングをやろうと思っている
・ビデオグラファー の横のつながりを作りたい

など、これからビデオグラファー として活躍していきたい人を募集しております。
イベントの最後には交流会も予定しているので、この機会に是非ご参加ください!

コンテンツ内容

1、カラーグレーディングの基礎の基礎(by 曽根隼人・4thFILM)

そもそもカラーグレーディングとはどういうものなのか、
基本的なことを知らなければできません。

カラーコレクションとカラーグレーディングの違いとは、データ形式はどんなものか、撮影するときにどんなことが必要なのか、編集環境はどんなものが必要なのかなど
基本的なことを話していきます。

2、写真の現像手法を応用した動画のグレーディング(by林裕介 / bird and insect)

-デジタルとフィルムの比較から、色作りの仕組みを紐解く-

最近、グレーディングという言葉が動画業界ではすっかり浸透しましたが、
なんとなく色調整をしてしまっている方も多いのではないでしょうか?
仕組みをちゃんと知れば、色調整は格段にクオリティ高く、また作業も面白くなります。
この講演は、デジタルとフィルムの色の比較から、色作りの仕組みを紐解いていきます。

【目次】
・色を変えるとはどういうことか?
・デジタルとフィルムの色は何がどう違う?
・その違いを再現するために使うのはどのツールで、どう使う?
・実践してみよう

【こんなことができるようになります】
・隣に参考があれば、ほぼ同じに近い色を再現出来るようになる
・色調整が自在にでき、楽しくなる
・調整に迷うことがなく、時間短縮になる

3、VIDEOGRAPHERS PICKUP!!

若手のビデオグラファー をピックアップ、紹介していきます。
どんな映像を作っているのか、どんな仕事の仕方をしているのか等をお聞きします。

スピーカー

※順次公開

林裕介 / bird and insect
機械工学で修士号。株式会社リコーにてカメラ設計を経験の後、写真/映像のプロダクション、bird and insectで撮影・編集・ドローン操縦を4年間。
理系時代に学んだのは分かるまで分けること。将来の夢は探偵。写真も映像も謎解き。現在は写真/動画を分析してそこにある「良さ」の原因を解き明かし、自社の作品に落とし込むことが主な業務。
なで肩すぎでストラップが落ちるのが悩み。

曽根隼人 / 4thFILM代表
1986年生まれ 大阪芸術大学映像学科卒業
これまでにSONY ,日産 ,Cartier ,PHILIPS ,楽天, FIAT, JEEP, 資生堂 ,Panasonic ,SHARP ,ALFA ROMEO , カゴメなどをクライアントとした広告やMVのディレクション・撮影を手がける。
無印良品のパリでのプロモーション映像”TOKYO PEN PIXEL”では世界三大広告祭の一つONE SHOWや、アジア最大の広告祭ADFESTをはじめ多くの賞を受賞。
全国にクリエイティブな映像を伝える番組、NHK Eテレ「テクネ 映像の教室」では、プロデュサーとして活躍中。

Pickup ビデオグラファー

中村俊介
1998年3月13日生まれ。京都出身。
慶應義塾大学理工学部在学。
2017年より映像制作を始める。
同年、資生堂の映像プロジェクトBeauty Empowersにディレクターとして選出される。
2018年青山フィルメイト2018 MV部門にて自身のMV2作目となるBLACK BASSの「GRAPES」がノミネート。
その後アートコレクティブ BLACK BASSに映像ディレクター兼VJとして加入。
2019年1月、BLACK BASSがApple MusicのNew Artistに選出され、iTunesにてヒップホップのアルバムランキング1位となり注目を集める。
ビデオサロン3月号に自身のインタビューが掲載予定。
今年4月よりロンドンに留学予定。

パートナー

富士フイルム株式会社
https://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/x/
イベント当日は、X-T3、X-H1、レンズ各種の展示を行います。

お申し込み

 

※定員に達したため、お申し込み受付は終了いたしました。

参加をご希望の方はこちらからお申し込みください。

イベント参加お申し込みフォーム
https://docs.google.com/forms/d/1mlAsETkRpYCKCCAJ_cacAVcIdATGXwhHBQwUmmLwMt0/edit
※こちらのフォーム送信で、お申し込み完了となります。

皆さまのご参加をお待ちしております!

最新情報をお届けします

@VookJp Vook #動画制作ノート