2018.08.02 イベント

【来年3/9~10開催】「小布施短編映画祭」作品募集中!(応募無料)  Supported by Vook

記事のシェア

  • Facebookでシェアする
  • Tweetする

こんにちは!Vookチーム橋本です。
突然ですが、皆さんは「小布施」という町をご存知ですか?

長野県北部にある人口1万1000人、県内最小面積の町です。
世界的にも有名な葛飾北斎の晩年の創作活動を支えた町としても知られ、現在は国内外から年間100万人以上が訪れています。

私たちVookも、昨年、記念すべき第一回目のNext Filmmaker’s Summitを小布施町で開催し、全国から集まった映像クリエイターに新しいつながりを生むことができました。

この小布施町で、新しい映画祭がスタートします

2019年3月9日(土)〜10(日)、この町で「小布施短編映画祭」が開催されることになりました!

今回、Vookは後援として映画祭をサポートさせていただきます。

▼イベント詳細はこちらから
https://osff.jp/

北斎の創作活動を支えた当時の人々がそうであったように、「クリエイターを支えたい、クリエイティブな人たちとの交流を通して、自分たちもともに学んでいきたい」という想いが現在も町の人に受け継がれ、この映画祭の着想源になっています。

「小布施短編映画祭」3つのこだわり

1. つくり手が、かたり手に
映画のつくり手が作品に込めた想いを自らの言葉で存分に語れる場を作ります。つくり手がかたることで、作品をより深く味わえる映画祭にします。

2. みんなが参加し、交流する
つくり手、観客、地域住民、すべての人がともに語り合い、学び合う映画祭を目指します。

3. カテゴリーを超えて、多様な視点から
フィクション、ドキュメンタリー、アニメーション、ミュージックビデオのカテゴリの中から「先見性」「映像美」「感動」の3つの視点で作品を評価していきます。

応募資格

※初年度に限り、作品の応募は無料となります。
※作品の応募締切は2018年10月1日です。

1)プレミア上映:不問
日本国内、国外で初演である必要はありません。既に他の映画祭で上映されていたり、オンラインで視聴可能な作品も応募できます。
※制作途中の作品は応募できません。

2)ジャンル
以下のジャンルの短編作品の応募を受け付けます。
・フィクション
・ドキュメンタリー
・アニメーション
・ミュージックビデオ
※1作品で複数のカテゴリへの応募はできません。

3)制作国
国籍を問わず応募できます。

4)ランニングタイム
30分以下。ランニングタイムにはエンドクレジットが含まれます。

5)言語
日本語
※日本語以外の作品は日本語吹き替え、もしくは日本語字幕が必要です。

6)制作年
初年度に限り、制作年を限定しません。

7)応募方法
FilmFreeway経由で応募してください。
エントリー時の入力言語は英語になります。(タイトルと概要は日英で入力)
FilmFreewayに作品データをアップロードするか、ストリーミング再生できるようにVimeo等のリンクを入力してください。

8)上映データについて
上映作品に選出された場合は下記の形式のデータが必要になります。
・ProRes422HQ or LT、24P、ステレオ
・解像度は1920 x 1080まで、アスペクト比は問いません。

9)映像の予告編への使用について
上映作品に選出された映画は、作品の一部を予告編に使用されます。
予告編は映画祭オフィシャルサイトや、Youtubeチャンネル、FacobookページやInstagramなどに公開されます。

10)映画祭への参加
原則として、上映作品に選ばれた監督は映画祭へ参加していただく予定です。

アワードについて

小布施短編映画祭では、フィクション、ドキュメンタリー、アニメーション、ミュージックビデオのカテゴリーから作品を募集しますが、審査はカテゴリーを超えて行われ、次の3つの賞を授与します。(豪華副賞もあります!)

▼小布施賞

新しいことに積極的に取り組んできた小布施ならではの、新しくて斬新な作品に贈られます。作品としての新規性や内容の先見性、映像表現としての新しさなどを評価基準に、時代の一歩先を見据えて制作された作品を評価します。

<審査員>
関和亮さん
1976年生まれ、長野県小布施町出身。
音楽CDなどのアートディレクション、ミュージックビデオ、TVCM、TVドラマのディレクションを数多く手がける一方でフォトグラファーとしても活動。サカナクション「アルクアラウンド」、OK Go「 IWon’t Let You Down」、星野源やPerfumeのミュージックビデオなどを手がける。第14回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門優秀賞、2015 55th ACC CM FESTIVAL 総務大臣賞/ACCグランプリ、MTV VMAJやSPACE SHOWER MUSIC VIDEO AWARDS等、多数受賞。

※その他の審査員につきましては現在最終調整中です。8月中旬頃までの更新を予定しています。

<副賞>
クリエイター向けコワーキングスペース「ハウスホクサイ」の無償利用(1年間)

▼コシナ賞

「何度でも見たくなる、美しい作品」に贈られます。「映像の美しさ」を最大の評価基準としつつ、美しい映像を通じて、作品の世界観やメッセージを最大限に表現している作品を評価します。

<副賞>
メインスポンサーのコシナがの販売する20万円相当のレンズ(機種・マウントは選択可)

▼一般審査員賞

小布施やその近隣から公募で集まった映画好きの審査員による、一般審査員賞。
いちオーディエンスとして「この映画が一番好き」「感動した」「面白かった」「新しいことを知れた」など、純粋にオーディエンスの心に響いた優れた作品に贈られる賞です。

<副賞>
未定

エントリー方法

以下、リンク先にあるFilmFreewayのページからご応募ください。
https://osff.jp/apply/

エントリー締め切り

2018年10月1日(月)

お問い合わせ

そのほか、小布施短編映画祭に関するお問い合わせはこちらから
https://osff.jp/faq/

 

もちろん、一般審査員へのご応募や映画祭へのご参加も大歓迎です。
ぜひ、皆さまのご応募、ご参加をお待ちしております!

 
 
 

記事のシェア

最新情報をお届けします

@VookJp Vook #動画制作ノート